あべ佃煮のこだわり



漁師がつくるから、あべ佃煮は美味しい


あべ佃煮の始まりは、帆曳船で有名な霞ヶ浦の漁師です。
漁師だけに、魚の鮮度には徹底してこだわっています。
加工所の目の前には満々と水を湛える広大な霞ヶ浦が広がっています。
水揚げされてから加工所に運搬されるまで、特殊な方法で魚の鮮度を保っています。(※独自技術)

みりんに頼らない、コクのある佃煮


新鮮な素材の美味しさを活かすために独自の加工方法で仕上げます。
全国屈指の水揚げを誇るこの霞ヶ浦産魚介類の特徴を知り尽くし、それぞれの素材自体が本来持っている美味しさを損ねることなくまろやかで食べやすく歯応えまでこだわり貫いた技法です。
あべ佃煮の炊き込みは、みりんに頼らずコクと照りを出すために地元茨城のまろやかで長期熟成させた「清原醤油」を使い秘伝の隠し味を用いて味の深みをつけ、じっくり時間を掛けることでどこにもまねのできない独自の味を守り続けています。

地元で愛され続けた秘密


現在も霞ヶ浦の漁を続け新鮮な魚介類を収穫し、鮮度が高いまま独自の加工方法で炊きあげ、素材の美味しさそのままに直販するかたちを守り素材と味にこだわり続けたことで多くの地元の方々が足を運んでいただけるようになりました。